「火葬・精進落しまでが葬儀」を喪主・遺族は肝に銘じて

「火葬・精進落しまでが葬儀」を喪主・遺族は肝に銘じて

私は母が亡くなったときに、葬儀の喪主を務めました。その経験から思うのは「火葬、精進落しまでが葬儀。出棺で気を抜いてはいけない」ということです。 葬儀の中心が告別式にあることは、まちがってはいないでしょう。通夜よりも多くの参列者があるのがふつうで、読経から焼香、故人との最後のお別れ、そして喪主挨拶と出棺という、大変大がかりな儀式です。 特に喪主にとっては、「喪主挨拶」が葬儀の頂点と感じられるもの。その役を終えて「ほっと一息」ということになりがちなのではないでしょうか。 けれど、葬儀はまだ終わったわけではありません。斎場へ行って火葬し骨上げ、その後の精進落しの会食まで含めての葬儀なのです。「身内」とはいっても、通夜からずっとつきあっていただいた親族に対する感謝の念を忘れてはいけません。火葬は1時間ぐらいかかるので、その間の接待も必要です。 身内以外で、故人と特別親しかった方に火葬までおつきあいいただくケースもあります。その場合は、その方に対して最大限の気配りと接待をするべきなのです。 ですから、喪主・遺族にとって葬儀は、精進落しでの最後のお礼挨拶がゴール、と考えたほうがいいでしょう。私自身、告別式での喪主挨拶のあとは、なんだか気が抜けたようになってしまったので、その反省を含めて、そう肝に銘じているのです。

 

葬儀を家族葬にするメリットとデメリット

  葬儀にも様々な形式がありますが、もしなるべく費用を抑えたいというのであれば、家族葬にするのがオススメです。どんな葬儀社を利用するかでも、にもちろん葬儀の費用には大きな差が出る事もありますが、家族葬にすれば基本的には費用を抑える事ができます。  また葬儀の際にゆっくりとお別れができるというのも、経験された事のある方ならお分かり頂けると思いますが、メリットの1つです。  では逆に葬儀を家族葬にした場合どういったデメリットがあるのかという事についてですが、例えば家族葬にする事を電話などで説明する事はデメリットの1つと言えば1つです。  しかし基本的には家族葬にしたからと言って大きなデメリットはありません。まだ葬儀の準備をされた事のない方は、1つの方法として検討されてはいかがでしょうか?

【神奈川県(横浜市)】 任意売却 横浜市
任意売却 鶴見区/ 任意売却 神奈川区/ 任意売却 西区/ 任意売却 中区/ 任意売却 南区/ 任意売却 港南区/ 任意売却 保土ヶ谷区/
任意売却 旭区/ 任意売却 磯子区/ 任意売却 金沢区 任意売却 港北区/ 任意売却 緑区/ 任意売却 青葉区/
任意売却 都筑区/ 任意売却 栄区/ 任意売却 泉区/ 任意売却 瀬谷区/ 任意売却 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
任意売却 川崎市
任意売却 川崎区/ 任意売却 幸区/ 任意売却 中原区/ 任意売却 高津区/ 任意売却 宮前区/ 任意売却 多摩区/ 任意売却 麻生区

Blog

Calendar