投資と賃料相場

投資と賃料相場

 現在、任意売却をやろうとするのであれば、不動産がきちんと収益をあげるかどうかというのを、きちんとシュミレーションした上で、おこなわなければなりません。

不動産の収益というのは、基本的には賃貸収入が大きな割合をしめてきます。こういった賃貸収入は、賃料自体の金額がまず大事です。不動産の賃料というのは、ビルのオーナーの言い値というわけではなく、まわりの不動産マーケットの相場とも関連して決まってきます。なので、その不動産の立地というのも、任意売却後の収益には大きく影響をしてきます。

なので、任意売却による不動産投資を行うにあたっては、その投資する不動産が、高い賃料を得られる場所に立っているかどうか、というのも、確認するにあたって大事なポイントになってくるといえます。

 

サラリーマンでも任意売却

 不況の影響もあり、給料が下がる時代に突入したと言われています。とはいえ生活にかかるお金はライフステージの進行に伴い増えていくでしょう。このギャップをどのように埋めるかが重要ですが、そこで注目を集めているのが任意売却による不動産投資です。

不動産投資というとお金持ちがすることと思いがちですが、最近ではサラリーマンでも不動産投資を行っている時代です。たとえば安いマンションの一室を購入して貸したり、1Kのマンションを経営したりする方が増えているようです。その他、任意売却での不動産を購入する方法がお勧めです。こうした不動産であれば投資額が少ないですし、回収が容易です。清掃などの技術を自分で習得すれば利益を出すことも出来るようです。お給料が下がる事態に、任意売却での不動産投資に自身を持てる人は挑戦してみてもよいかもしれませんね。

Blog

Calendar