不動産のフリーレントで賃料維持

不動産のフリーレントで賃料維持

 フリーレントというのは、不動産の賃料を、一定期間免除するということです。任意売却によるフリーレントの設定があれば、テナントとしては、入居して最初の時期に、たとえば一ヶ月だったり、二ヶ月、長いものでは半年だったりしますが、その期間、賃料を払わずに住むことになります。テナント側としては、とてもありがたいことだらけです。

この場合、任意売却を取得した不動産オーナー側としては、まったくボランティアでフリーレントを行っているわけではありません。フリーレントをするのは、不動産オーナーとしては、賃料の金額自体を下げたくないという思惑がある場合があったりします。賃料を下げてしまうと、将来的に売却するときの価格に響いてしまったりするのです。こういった賃料維持のためにも、任意売却によるフリーレントを用いられたりします。

 

任意売却の際の共益費について

 任意売却の不動産を賃貸するときには、金額の面でもいろいろと確認をしなければならないことがあります。

共益費というのは、賃貸するのであれば、賃料の他に手数料を支払わなければなりません。
マンションなどの不動産であれは、管理費と呼ばれるものに似ています。

こういった共益費に含まれるのは、そのオフィスの不動産全体を管理するのにかかってくる費用です。任意売却での不動産の場合
借りる面積以外にもいろいろな要素から成り立っているからです。
たとえば、エレベータの設備点検、エントランスホールの照明、ビルの壁の清掃、共用のトイレの電気代といったものなどです。

任意売却による不動産を借りるには、こういった費用がかかるということも考えて、新しいオフィス不動産を探すことをおすすめします。

Blog

Calendar