不動産の買い替えが盛んに行われている理由とは?

不動産の買い替えが盛んに行われている理由とは

 最近、日本全国で任意売却による不動産の買い替え件数は増加傾向にあるそうです。任意売却での不動産の買い替えは、大きなお金が動き、それなりにリスクの伴うものであるのに、どうして件数が増加しているのでしょうか。

その理由は、昨今の消費税増税の可能性と関係があると言われています。消費税が上がれば、任意売却による不動産の購入時に余分なお金がかかることになりますし、いま自分が住んでいる不動産にも新しい買い手がなかなか見つからないといった事態が生じることにもなります。そのため、こうした状況を回避するために、任意売却での不動産の買い替えが今の内に行われているのです。

つまり、不動産の買い替えで大きなお金を動かすのも、増税後に損をしないためのリスクヘッジの一手段だということです。

 

任意売却の資金計画

 任意売却による不動産購入にあたり、もっとも重要なポイントが資金計画です。資金がないと任意売却での不動産は購入できません。また、無理をした資金計画で不動産を購入しても計画が破綻して返済できないでしょう。

一般的なサラリーマンの場合、任意売却による不動産購入に当たりローンを組むことが多くなります。返済額はゆとりを持っておいたほうがよいでしょう。具体的には家賃程度が理想です。もう少し具体的に言うと、年収の20%程度が目安と言われています。年収の30%という人もいていますが、かなり厳しい返済になります。不測の事態が起きれば対処できない可能性があります。

任意売却で不動産を購入しそこに住むと言うことは、生活の拠点になります。多少のことがおきても拠点が奪われないことが大切になります。その意味では柔軟性を確保して任意売却での不動産購入をすすめたほうがよいといえるでしょう。

Blog

Calendar