不動産売買の際の仲介手数料

不動産売買の際の仲介手数料

 不動産を購入したいと思っていましたが、不動産を購入する場合には、任意売却専門会社に仲介手数料を支払う必要があるということで、仲介手数料はトラブルを防ぐに、法規制などがあるということでした。

任意売却による不動産売買も、仲介手数料が必要です。
仲介手数料は法規制により上限があるということで、宅地建物取引業法により、任意売却会社の仲介手数料の上限額が決まっているので、上限額を超えて任意売却会社が仲介手数料を請求し場合は、法令違反となるということでした。

また、仲介手数料は、不動産取引の仲介において、売買契約が成立したときに初めて任意売却会社の請求権が発生します。したがって、売買契約が成立するまでは仲介手数料を支払う必要はないということです。

 

退職金で土地の不動産を買いましたが・・、

 退職金を元に任意売却で土地の不動産を買いました。
10数年にもなります。なけなしの退職金で不動産でもある土地を45坪ほど買いました。
買った場所は小田急沿線である本厚木から歩いて15分程度と不動産としての価値も比較的あるところです。

任意売却で不動産を購入したのは、自分の家を建てるのが目的ではなく、不動産投資、投機を狙うのが狙いでした。

現在は、この不動産は自由契約、自由契約解除の条件で駐車場として貸し出していて、任意売却をしか甲斐がありました。

任意売却の目的は不動産投資ですから、時折、不動産屋やネット、それに新聞などの情報で任意売却の情報をチェックしておりますが、ここのところの国内経済の低迷や米国経済の不調(リーマンショックなど)などで、金融経済とも不調のどん底で、土地、不動産の値の方も下がることはあっても、中々、上がってくれません。 

任意売却専門会社も誕生して、株価など上昇機運ですが、併せて、土地、不動産のほうも登り調子になってくれないかと、希望的観測をしている、今日この頃です。

Blog

Calendar