不動産内覧会で情報収集

不動産内覧会で情報収集

 不動産のオーナーとしては、不動産にとってマイナスとなることのひとつが、空室だといえるでしょう。それの対策として、内覧会が行われます。こういった内覧会に行くときには、ちょっとしたポイントがあるといえます。
その一つが、その内覧会には、不動産を借りたいテナント候補だけではなく、不動産業者も来ていることが多いということです。その不動産業者と不動産オーナーとは、実際にテナントに貸す前の段階での話がなされます。たとえば、今後する予定の工事だったり、賃料の幅だったりです。そういった話を盗み聞きするのはもちろんよくないですが、もし内覧会で不動産オーナーや不動産業者とも懇意になれるとしたら、そういった情報を少しでも手に入れられたら、とても有利になるといえるでしょう。

 

いろいろな定期借地借家契約

 不動産には、定期借地借家契約という契約があります。あらかじめ、不動産を貸す期限を決めて貸すことのできる契約です。

こういった定期借地借家契約を使うケースというのは、いろいろと存在します。不動産を賃貸する期間の期限が、不動産契約を開始する時点で決まってしまっている契約ですが、こういった定期借地借家契約が不動産オーナーにとっても、テナントにとっても、メリットとなる場合もあるのです。

たとえば、建て替えが決まっている不動産というのもそのひとつです。また、逆に、数十年間の定期借地借家契約というのもあります。その長期間出て行かないという確証のある定期借地借家契約となります。また逆に、数ヶ月という定期借地借家契約もあり、短期のイベント的な契約に使われたりします。

Blog

Calendar