不動産物件購入時の仲介手数料を節約するには

不動産物件購入時の仲介手数料を節約するには

 不動産物件を購入する際には様々な諸費用が必要になります。その中でも意外と大きな金額になるのが、仲介手数料です。

仲介手数料は不動産物件の売主と買主を仲介してくれた不動産会社に対して支払われる手数料です。この手数料だけで数十万円が必要になってしまうケースが多く、できるだけ購入費用を抑えたいかたにとっては痛い出費となります。

ところが仲介手数料は名目通り仲介された場合にのみかかる費用です。もしも不動産会社が所有している不動産物件を購入するのであれば、仲介手数料は必要ありません。とはいえ、必ずしも不動産会社が所有する物件に気に入る物件があるとは限りません。

ところが最近では仲介物件の場合でも仲介手数料を無料にしてくれている不動産会社が登場してきています。こうした不動産会社を利用することで仲介手数料は抑えられますので、利用してみると良さそうです。

 

不動産登記で建物の特殊事例

 不動産登記に関して、建物の増改築などの場合は様々な種類があります。たとえば、建物を増改築して、構造や床面積などが変わった場合には、不動産の表示変更登記を行います。しかし、実際には変更登記が行われない場合もあり、実際の不動産の状況と不動産登記上の表示が異なっている場合があります。

建物の合体という場合もあります。これは2棟の不動産を工事によって繋ぎ合わせて、1棟の不動産に変えるということですが、建物の合併であれば2つの建物を、工事なしで不動産登記の上だけで1つの建物とし、主である建物と付属建物という関係におくということです。この付属建物を、別個の独立した建物として不動産登記上で分けることを建物の分割といいます。

Blog

Calendar