不動産投資の新境地は海外にあり

不動産投資の新境地は海外にあり

 近年、不動産投資が大変な人気を呼んでいます。初期費用こそ大きな金額になりがちですが、いったん不動産を獲得してしまえば、その後は不動産からの安定した賃料収入が望めることが、主たる理由でしょう。そして、最近では初期費用もできる限り抑えたいという人の間で、海外の不動産投資が注目を集めています。

たとえば、テレビのバラエティ番組などで、ハワイのリゾートマンションの家賃が紹介されているのを見たことがあるでしょうか。広くて素敵な物件が、日本では考えられない格安の値段で売られていたはずです。このように、海外の不動産は日本に比べて安価なものが多いのです。そこに着目したのが、不動産投資が人気を集める日本のバイヤーたちです。今後の不動産投資は、海外市場も目に向けた者が優位に立つ時代になりそうです。

 

不動産の仲介手数料について

 不動産を購入する時に気をつけたいこと、不動産会社を仲介して買う時には、仲介手数料というのがかかっているんです。この金額は、一般的に不動産の価格の3%+6万円などと言われていますけど、これは法律で定められた上限であって、決まった額じゃないんです。仲介手数料は不動産会社との交渉次第で決められるものなんですよ。

中には仲介手数料が無料だとか、半額だとかいう不動産会社も登場しています。不動産会社は、この仲介手数料を売主と買主の両方から取っているので、買主から取らなくても成り立っていける場合もあるんです。不動産は大きな買い物ですので、仲介手数料はかからないほどいいですよね。売買価格が大きくなればなるほど、額も大きくなりローンに響きます。どちらの業者でもまず一割は、値引き交渉に挑戦してみましょう。

Blog

Calendar