フリーレントをする不動産オーナーの思惑

フリーレントをする不動産オーナーの思惑

 不動産を借りるにあたって、フリーレントの条件がついている不動産を見つけたことのある人もいるでしょう。
フリーレントの設定があれば、テナントとしては、入居して最初の時期には、賃料を払わずに住むことになります。テナント側としては、とてもありがたいことです。
しかし、不動産オーナー側としては、フリーレントをすることで、1ヶ月だったり、3ヶ月の期間、賃料を免除するのですから、それなりのメリットがなければ、こういったことは行いません。

実際、フリーレントをするのは、不動産オーナーとしては、賃料の金額自体を下げたくないという思惑がある場合があったりします。
しかし、それであっても、テナントとしては、年間を通して払う賃料は少なくてすみますので、やはりありがたいともいえます。

 

不動産会社の選び方

 どのような商品であっても不動産は決して安いお買い物ではないと思います。確かに地域などによっては安い地域や物件もありますが、それでも不動産が大きなお買い物であることに変わりありません。

不動産を購入するとき大切になるのが不動産会社の選び方です。不動産会社を選ぶときは信頼性を第一に考えるべきでしょう。特に、不動産会社にとって言いたくないであろう情報まで教えてくれることが大切です。そのうえで選択肢を提示してどれを選ぶか、という形の営業スタイルの不動産会社が信頼できるはずです。大きなお買い物だけに、売り上げよりも購入者が後で後悔しないように、ということを考えた営業スタイルであればこのような対応が出来るはずです。

Blog

Calendar