不動産投資は根気が必要です。

不動産投資は根気が必要です。

 私は父から引き継いだ賃貸不動産を管理しています。私にとっての不動産投資とは、空室だらけの老朽化不動産をリフォーム、リノベーションして満室経営を目指すことです。私がリフォーム等により投資をした不動産は計6戸ありますが、その6戸の投資後の状況は本日現在、累計で入居が5戸で、転出が2戸という状況です。そして今日新たに2戸の入居申し込みがありました。こうやって書くと結構順調の様に思いますが、全然投資額を回収できておりません。最初のうちは不動産投資で高速で資産を築いてやろうと思っていた私ですが、見事にスタートダッシュに失敗しております。ただ、不動産投資は短期間で成功失敗を判断するものではありませんので、気長に根気よく戦況を見守っていきたいと思います。

 

不動産の持ち主

 不動産の持ち主というと、大家さんというイメージもあるでしょう。一軒家であれば、もちろん自分が持っているという場合もあります。アパートだったりすると、大家さんが持ち主で、その大家さんから借りている、というのが済んでいる人だという感じです。こういった、大家さんと借り主というのが一般的な不動産の関係かと思ってしまいます。しかし、実際には、そうではなく、不動産の持ち主は、海外の投資会社だったりという場合もあるのです。

こういった不動産の持ち主は、海外からお金だけを投資して、運用会社などに不動産の運営は任せています。こういった運営会社が運営しているマンションなどは、都内にもたくさんあります。日本の不動産の持ち主は、実は大家さんではなく、海外投資家だったりもするのです。

Blog

Calendar