遺産相続トラブルに多い分けられない不動産

遺産相続トラブルに多い分けられない不動産

 遺産相続のトラブルと聞くと、大金持ちの人の話だと思いがちですが、 実際は、普通の庶民の方がトラブルになりやすいのだそうです。 多くは、自分が住んでいる不動産とわずかな貯金を残すケースなのだそうです。 お金は数人で分けることができますが、不動産が一つの場合は分けることができませんよね。 不動産を売って、その売却したお金を分けることは可能ですが、 その不動産にまだ誰か住んでいるというケースが多いのです。 自分の家という不動産を持っていて、子供が数人いる人は、 自分の死後、家族同士の無用なトラブルを招かないように配慮しておかなければいけませんね。 最近はエンディングノートが流行っています。 不動産をめぐって家族がバラバラなどとう自体にならないようにしておきましょう。

 

不動産屋に行くときには

 不動産屋を訪問する一番多い用事と言えば、賃貸住宅を探すためです。情報誌やインターネットでの検索で賃貸物件を見ることは簡単になってきていますが、やはり実際に物件を見なければ決定は不可能ですから、最終的には不動産屋を訪ねることになるでしょう。購入目的で無いからこそ、不動産屋に行くときには、まず服装にも注意を払う必要があります。身なりで人の全てを判別するわけではありませんが、やはり最初の印象は大切な物。賃貸物件の貸し借りには条件だけで無く不動産屋さんの判断も関わってくる物ですから、良い印象を持ってもらうことができるスタイルを心掛けます。不動産屋を訪ねる前には、電話を一本入れて物件を見たいことなどを伝えておくと、話がスムーズに進みお互いに便利ですよ。。。

Blog

Calendar